症状改善、予防、長生きのために愛犬の健康を守る

現代犬は生活習慣病になりやすい?

犬の生活を取り巻く環境はここ数年でかなり変わってきています。
ペットと遊べる施設、ホテル、ペット保険、多種多様なおもちゃなどなど。
特にその中でも食事は相当変化しています。

 

おやつは色々なものが出ていますし、犬が食べれるケーキなんてものも。
ドッグフードも覚えられないくらい出ていますよね。
私達飼い主にも『どれにしようかな~♪?』と選ぶのが楽しくなってしまいます。
ただ、多種多様になったことで現代犬は糖尿病や高血圧、高コレステロールなど、
まさに人間と同じような病気になる犬も増えてしまったんです。

 

栄養が偏りやすい食生活

特に室内で飼う犬が増えてからは、犬の食事はがらりと変わりました。
例えば、家にいると犬が私たちが何か食べているのをみて、ほしいとおねだりしてきます。
その可愛さについついあげてしまったことはありませんか?
外で買うよりも機会が多くなるので、無意識に人間の食事をあげる回数が増えます。

犬用のおやつも問題があります。
あれは基本的に栄養価でなく、嗜好性を重視して犬が喜ぶために造られています。
本来は上げないことがベストなのですが、やっぱり上げたくなっちゃいますよね?

こうした小さなことが積み重なると、
愛犬の栄養価に偏りが出てしまい、病気を発生しやすくなるんです。

ドッグフードが良いとは限らない

総合栄養食に分類されるドッグフードは、それひとつあげているだけで
犬の栄養が足りるという意味を持ちます。
ただ、実際のところ世界的な食糧不足、飼い犬が増えたことにより、
ドッグフードの品質が必ずしも良い物とはかぎりません。

中国ではドッグフードを食べた犬が死亡したニュースが最近ありましたが、
数年前まではアメリカや日本でも病気や死亡事例はあったんです。
コスト削減のために、粗悪な素材や病原菌がある素材をしようしていたからです。

最近では法整備も進んでいますが、まだまだ満足いくものではないです。
特に安価なドッグフードになると、犬には消化しにくい食材や、
犬に必要のない栄養が高いものになっていることも。
本来の犬に適切な食事を実現しようとすると、いわゆる高級ドッグフードにならざる負えないのです。

人と同じように犬もサプリメントで補う時代に

いくら気を付けたつもりでも、栄養の偏りが出てしまうのはもはや仕方ありません。
私達自身でも栄養バランスが万全?と言われて「完璧」と言える人はとても少ないでしょう。

そうしたバランスの悪さを少しでも改善するために登場したのがサプリメントです。
最近では犬用のサプリメントはものすごく注目を浴びていて、
色々な商品が登場しています。
水、整腸、毛ヅヤ改善、骨強化、ダイエット・・・
もはやドッグフードだけでなくサプリメントも必須になってきています。

最新投稿